急増傾向にある梅毒とは何かを正しく理解しよう!

後進国の風俗店には軟性下疳の感染に気をつけろ

軟性下疳は、現在では日本国内ではあまり感染例は見られなくなりました。
しかし海外ではまだ感染する可能性があるといわれており、特にアフリカや東南アジア、南米などの後進国の国や地域が危険だともいわれていますので、これらの国に行った際には注意が必要です。
特に男性の方でこれらの国で風俗遊びをされて帰国したような場合は要注意と言えるでしょう。

軟性下疳の原因としては、ヘモフィルス・デュクレイという細菌からの感染だと言われています。
このヘモフィルス・デュクレイから感染した菌のことを軟性下疳菌と言い、軟性下疳に感染してしまった際の症状としては、男女の性器に潰瘍をつくって、激しい痛みをもたらすとされています。
軟性下疳菌に感染すると、1週間以内に発症し、最初は性器や肛門のあたりに米粒や大豆程の大きさのこぶが出来ます。
このこぶは最初は赤みを帯びていますが、だんだん黄色っぽく変色していき、ひどくなっていくと膿を含んでそれがはれ、つぶれて潰瘍になって血が出てきます。
潰瘍の大きさは個々で違うようですが、こぶがたくさん出来て潰瘍となったような場合には、複数の潰瘍が引っ付いたような状態になって広がっていくこともあります。
この状態になれば皮膚がえぐられたような状態になり、激しい痛みを感じるようになりますが、まれに女性の場合は痛みをさほど感じないこともあるようです。

国内での感染はほぼないに等しい状況ではあるものの、グローバル化が進む時代ですので今後海外からの観光客やアフリカ、東南アジア、南米などの後進国から帰国した日本人から菌が持ち込まれてしまって蔓延する可能性もないとは言い切れません。
日本国内の風俗店ならば衛生面などはきちんとされていますが、海外の場合は分かりませんので非常に危険です。
従って海外での風俗遊びはよほどの用心をしたうえで行うことも必要でしょう。
なるべくならば後進国の風俗遊びは控えたほうがいいとも言えます。

リンパ節に溜まった膿は手術が必要な場合もある

軟性下疳は最初にこぶが性器や肛門付近に出来、それを手で触ったりするとつぶれてしまって出血しますので、何かの病気に感染したのではないかという異常には気づきやすい性病です。
その後に潰瘍となり、これは触ると痛いので、ここでもさらに異常を察知し、最後に股付近のリンパ節が腫れます。
そして腫れた箇所に膿がたまっていくため、何も治療をせずに放置しておくと痛みがどんどん強くなって耐えられなくなってしまいます。
痛みの度合いは個人にとって違いますが、苦痛を伴うほどの痛みに発展する可能性が高いともいわれています。
従って、リンパ節に溜まった膿は、手術をして除去したほうが好ましいと診察されることがあります。

この軟性下疳は日本国内での感染は稀ではありますが、海外での性交渉の後には注意をしなければならない性病です。
放置しておくと激しい痛みを伴い、しかも最悪のケースは手術まで必要となるということで、安易に後進国で風俗遊びなどはしないほうがベターだと言えます。
性器の周辺などに異常を感じ、しかも海外での風俗遊びなど性病感染の可能性を自分で感じた場合には病院で専門医に見てもらうことが必要になります。
素人が知識もないまま放置しておくと痛みが引かないような場合にも非常に不安になりますので、早めの治療がベターと言えます。

軟性下疳は外観に特徴があるため、感染していた場合にはすぐに軟性下疳と診断される場合が大半です。
診断後、症状にもよりますが手術までの必要がない場合は医師に処方された薬での治療が主になります。
また、リンパの腫れの治療方法としては、塗り薬を使っての治療となることが多いようです。
筋肉注射による治療が行われることもあります。