急増傾向にある梅毒とは何かを正しく理解しよう!

性感染症予防の必需品はコンドーム

性感染症は性行為により感染する病気で、性器ヘルペス、尖圭コンジローム、トリコモナス感染症、カンジダ症といったものがあります。
性器にかゆみや痛みといった症状が出るものもあれば、まったく痛みなどの自覚症状がないこともあります。

もし、性感染症だということが分かったらすぐに病院へ行くようにしましょう。
しかし、中には症状がなく、自分では気づかないこともあります。
もしかしたら、パートナーが性感染症を持っている可能性もあるでしょう。

そこで、性感染症を予防するためにコンドームを使用しましょう。
そもそも、性感染症は精液や膣からの分泌液などに触れることで感染します。
コンドームを使用することで、直接性器が触れなくなるため、感染を予防することができます。

コンドームは避妊のために使うものだと考える人も多いですが、手軽に使うことができることと、性感染症の予防効果が高いことで知られています。
ドラッグストアなどで販売されていますし、価格も比較的安いです。

コンドームは性感染症を100%防ぐことはできませんが、感染を大きく減らすことができます。
そのためには、正しいコンドームの装着が必要になります。
まず、膣に挿入して、射精する直前にコンドームを装着するという人がいますが、これは間違いです。
精液だけでなく、カウパー腺の中にも精子は含まれているので、感染を予防することはできません。

そして、爪がのびていたりすると、ゴムが破れてしまう原因になります。
1回射精したらそのコンドームは捨てて、新しいものにするといったことも大切です。
海外のものなど、大きすぎるサイズをつけていると、途中で抜けてしまうこともあるので注意が必要です。

性感染症はコンドームを使用することである程度防ぐことができる病気です。
自分自身を守るだけでなく、パートナーのことも考え、積極的にコンドームを使用するようにしましょう。
持ち歩く場合は財布などには入れずに、固いケースの中に入れて痛まないようにすることも大切です。

毛ジラミ予防に陰毛を剃る

毛ジラミも性行為によって感染する病気です。
毛ジラミは主に陰毛に寄生して人間の血を吸います。
1ミリほどの大きさなので、良く見ると肉眼で確認することができます。
陰毛の他にも、腋毛や胸毛、眉毛にも寄生します。
腋毛などに寄生するよりも、陰毛に寄生した方が感染の危険性が高まります。

毛ジラミに感染すると、性器に痒みを感じるようになります。
大変な痒みで、性器をかきむしりたくなってしまうほどです。
このような状態になってしまったら、感染の元になる陰毛を剃ることが必要になります。
ブラッシングをして、毛ジラミがいないかをチェックするようにしましょう。

毛ジラミがなかなかいなくならないのは、卵を産み付けるためです。
きれいに剃ったつもりでも、卵があるとそこからまた毛ジラミが発生してしまいます。
ブラッシングをする際には、毛ジラミだけでなく卵がないかも確認する必要があります。

また、毛ジラミのための薬用シャンプーが販売されています。
この薬用シャンプーは成虫には効果があるのですが、卵には残念ながら効果を発揮することが出来ません。

そのため、やっかいな毛ジラミにならないように、予防として陰毛を剃っておくということが有効になります。
陰毛を剃るということに抵抗を感じる人もいるでしょうが、尿や便が付着しなくなるので、デリケートな部位が衛生的になるというメリットがあります。

毛ジラミは一度かかってしまうと、治るまでに多大な時間や労力が必要になります。
性感染症を予防するという意味でも、ウイルスが付着しにくくなるので陰毛を剃ることは有効になります。
下着の蒸れなどを防ぐ効果もあるので、ウイルスや菌が繁殖しにくい環境にすることができます。